護国寺

シャクナゲで有名な護国寺は新潟県県境近く富山県朝日町境にある真言宗のお寺です。
(一番下のスタートをクリックしておわまり下さい)
本堂前の案内地図

昭和24年11月護国寺が全焼し、翌々年に本堂が再建された。昭和39年に入寺した住職は、41年五大力堂再建にあたり、自動車の上る道路を作ったのを機に石を運ぶことができるようになり、庭を作り始め、53年にまでに全ての庭が完成した。
池泉回遊式に作庭し、四国八十八カ所、西国三十三カ所お砂踏霊場も作られ、庭の中を歩いてお参り見学できるようになっている。庭の見頃は4月下旬シャクナゲの咲く頃と、5月上旬のツツジと6月中旬のサツキの咲く頃が良いと思います
ではご一緒にまわってみましょう
スタート