千里浜夕焼け

(2000年12月18日)

  この日、金沢の西にあたる小松の木場潟、加賀の柴山潟へ行って、次にまったく反対の金沢の東、富山湾から最後は北の羽咋市の千里浜を経由して帰宅しました。
それほどまさに東奔西走するのも、北陸の冬の中で大変貴重な快晴の一日だったからです。


日が沈んだ直後

 今回、最後に千里浜に向かったのは快晴なのでさぞかし夕日も綺麗だろうと期待からでした。ところが着いた頃は空一面雲に覆われていました。

あきらめて帰ろうと思いましたが、ともかく日の沈むまでジッと様子を見ることにしました。

 夕日は見られませんでしたが、それなりに雲が面白い光景を見せてくれました。

 

千里浜については以前の記事もありますのでそちらもご覧下さい。