称名滝
富山県立山町
(2001年5月28日)

 昨年訪れた富山県の立山山麓にある称名滝に行って来ました。
この滝は落差日本一の滝として有名で国の名勝天然記念物に指定されています。
伝説によると浄土宗を開いた法然上人が立山を訪れたとき、この滝の轟音が「南無阿弥陀仏」と称名念仏を唱えているように聞こえたことから名付けられたといいます。
また、となりにはこの時期ならではのハンノキ滝もみられます。
あとくわしくは昨年の記事をご覧下さい。

写真をクリックして下さい